すっとんの小部屋~ちょっとゆっくりしてこうか

すっとんのサブブログ。雑談&雑談、たまに本とかレビュー

攻め気を失うと運気も失う

最近、よく思います。
タイトルにもある、「攻め気を失うと、運気も失う」という考え方。
 
昔、中学生くらいの頃に私のまわりで流行っていた「ARMS」という漫画があるんですが、その中でとある天才肌のキャラクターがこんなことを言うんです。
 
「行動しない天才と、行動するバカ。勝つのは後者だ」と。
 
※すみません、セリフは全然違うと思いますがニュアンスはこんな感じだったはず。
 
いくら天才であろうとも、やることやらなきゃ得るものは何もない。
だったら、バカなりにガムシャラに動くやつが結局は勝つ、こういうことですね。
(ちなみにそのキャラは、「俺は行動する天才だ」と言っていました。)
 
考えることは大切だけど、大抵の場合、実は「考え=リスク回避思考」でしか無いことに最近気付きました。
 
もしこうなったらどうしよう・・・
こんなことになったらどう責任をとろう・・・
 
なんて。
確かに、行動することは怖いんです。
そう、行動することは怖い。
でもその「怖さ」は、実際そのほとんどが自ら勝手に作り上げている幻想でしかないわけです。
 
 
さてもう1つ引用させていただくと、かつての大河ドラマ「篤姫」で、主人公の篤姫がこんなことを言っています。
「考えて、考えて、考えて。それでも分からなければ、いっそ考えることをやめるんです」と。
 
コレね、最近のすっとんに結構グサッときました。
(最近、篤姫を全部みなしたんです。)
 
上の「ARMS」キャラが言っていたことにも繋がりますね。
 
考えたって結論の出ないリスク回避思考は、ぶっちゃけ考えるだけ無駄なんです。
それに、恐怖に対処するための思考は、それだけで莫大なエネルギーを消費します。
それならば、いっそ考えることはやめて行動にうつそう!
こういうことです。
 
考えることをやめ、恐怖に打ち勝って攻めて攻めて攻め抜いてくことで、ちょっとずつ色々な風向きが自分の方向に向いてきていることを実感しているすっとんです。
 
おすすめですよ。
 
では。